山梨県道志村キャンプ場小1女子行方不明・失踪事件で、40代男性ボランティアによって、見つかった後頭部の一部の白骨遺体・遺骨が、母親である小倉とも子のDNAと親族関係であるという鑑定結果が出て、失踪していた当時7歳の小倉美咲のものであると確定しました。


QYdk3pQTVDw-00-00-49


骨は一旦はDNA鑑定に回されましたが、微量だったため、個人を特定できるようなDNA型が検出されませんでした。そこで山梨県警はミトコンドリアDNA型鑑定に移行し、今回の鑑定結果が出たと言うことです

ミトコンドリアDNA型鑑定って何?分かりやすい解説と動画:経緯や時系列なども



ミトコンドリアDNA型鑑定とは?母方の血縁関係がわかる DNA鑑定とミトコンドリアDNA型鑑定の違いを解説【Nスタ】

2019年9月小倉美咲さんは、山梨県道志村で行方不明になっています。美咲さんがいたキャンプ場の近くで頭の骨の一部が見つかりました。山梨県警からの発表で、個人を特定するDNA型は発見されなかったため、ミトコンドリアDNA型鑑定へ進むということです。ミトコンドリアDNA鑑定がどういうものかを解説します。

ホラン千秋キャスター:
約3年前、当時7歳だった小倉美咲さんが山梨県道志村で行方不明となっているのですが、美咲さんがいたキャンプ場近くで4月23日、頭の骨の一部が見つかりました。これが誰のものかわかっていなかったのでDNA鑑定が進められていましたが、5月2日、山梨県警からの発表で「個人を特定するDNA型は検出されなかった」ということがわかりました。今度はミトコンドリアDNA型鑑定へ進むということですが、このミトコンドリアDNA型鑑定というのはどういうものなのでしょうか。

■一般的なDNA鑑定とミトコンドリアDNA型鑑定の違い
一般的なDNA鑑定もミトコンドリアDNA型鑑定も細胞を使いますが、核・ミトコンドリア(細胞に数百個)というものがあります。

一般的なDNA鑑定は核の部分を使います。核のDNAというのは情報量が多く、精度も高いということで、個人を特定することができます。一方で、ミトコンドリアDNA型鑑定は情報量が少ないそうです。


さらに個人を特定することができないということで、誰のものかわからないじゃないか?と思ってしまいがちですが、ミトコンドリアDNAは母親だけから受け継ぐことができるので、母方の血縁関係がわかります。ですので、あるミトコンドリアがあり、あるお母さんがいると、この子どもはこのお母さんの子どもなのかどうかということがわかるので、捜査の進展が期待されます。他にもそれぞれ特徴があります。

一般的なDNA鑑定は、温度、湿度が高いと保存されにくいので自然環境で消失してしまう可能性もある一方、ミトコンドリア型DNA鑑定は、古くて量が少なくても鑑定できるのです。



これまでも▼戦没者の遺骨▼遺跡から発掘された古代人の骨などの調査や研究で活用されています。ですので、環境が変わっても時間が経ってもミトコンドリアDNA型鑑定というのは確かに有効かもしれません。

■ミトコンドリアDNA型鑑定 かかる時間は?
今回の骨はミトコンドリアDNA型鑑定で何か進展はあるのか、かかる時間はどのくらいなのかについて、法科学研究センター所長の雨宮正欣さんは「事件捜査で滅多に用いられないため、通常のDNA鑑定に比べ少し時間がかかるかもしれない。ただこういう事態なので、急げば1週間程度で結果が出る可能性もある」と話しています。



井上貴博キャスター:
ミトコンドリアは「量が多い」「サイズが小さいので生存率が高い」ということが言われていますね。

星浩コメンテーター:
十数年前でしたか、北朝鮮から横田めぐみさんのものと称する骨が送られてきて、ミトコンドリアDNA型鑑定をするということになったのですが、情報量が少なくてなかなか特定はできず、結局、日本政府の立場としては横田めぐみさんのものではないという判断であったので、なかなか解明するのが難しい場合も多いようです。

井上貴博キャスター:
警察の捜査でミトコンドリアDNA型鑑定が使われるのは一般的なんですか?

星浩コメンテーター:
戦没者の遺骨とかに使う方が多いと聞きますね。乾燥して一般的な核のDNA鑑定ができない場合は、ミトコンドリアDNA型鑑定をやると聞いています。

■靴・靴下から個人を特定できる可能性は?

ホラン千秋キャスター:
ここまでは骨にまつわるお話でしたが、他にも靴・靴下が見つかっていて、雨宮さんはこういったものから個人を特定できる可能性は十分あると話しています。



その理由として、例えば、靴や靴下からDNA鑑定が可能な「試料」が見つかれば個人を特定することができる。例えば毛髪や皮膚、爪の一部、血液といったものが見つかれば、これから個人を特定することは可能だということです。

さらに、骨のミトコンドリアDNA型鑑定と、何が靴や靴下にくっついているかという情報を合わせて総合的な判断が可能になるということです。ですので靴や靴下も重要な手がかりになりそうです。

こちらは一般論ですが、事件か事故かを判断できる情報が靴や靴下にある可能性があるそうです。

例えば「微物」(繊維片・植物片や違う場所の土など)。どんな繊維がくっついているか、植物片がくっついているかなど、あれば「これはここからやってきたものだ」など情報がありますので、そういった微物が検出されれば捜査の手がかりになります。

そして、靴下の擦り減った跡などがありますよね。「本人の他の靴と比べて擦り減り方が似ている」など外形的な情報からも判断できる可能性があるということですので、こちらも期待したいですよね。

井上貴博キャスター:
靴の底の擦った跡などを照合して、これがどうかと。そういうアプローチもあるんですね。

星浩コメンテーター:
いろんなやり方がありますけど、今回の骨が発見された場所がちょっと不自然な感じもします。お母さんからすれば、一刻も早く確認してもらいたいということだと思います。

井上貴博キャスター:
ここまで月日をかけて警察が見たとしても、子どものものは小さいのでなかなか見つからなかったものが今回見つかったという可能性も指摘されています。

星浩コメンテーター:
懸命に捜索をしてもらいたいと思います。


引用元https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/37081?display=1



山梨県道志村キャンプ場で小1女児小倉美咲さん失踪・行方不明事件、人骨・白骨遺体・後頭部の骨の一部が発見→遺品である運動靴・シューズ・スニーカーの画像・写真と靴下を発見するまでの経緯や時系列まとめ


20220430-00000082-spnannex-000-4-view_result
EUH6Fe4IFq0-00-01-08
EUH6Fe4IFq0-00-01-16

2022年4月23日に頭の骨の一部が40代ボランティア男性によって発見されました

2022年4月28日に右足(片足)のエメラルドグリーン色の運動靴・シューズ・スニーカー(メーカーはSYUNSOKU 瞬足クラブ)

2022年4月29日にはもう左足・片方の靴と靴下を崖で発見

2022年5月4日に肩甲骨のようなものと長袖の黒っぽいハイネックの服が発見(ここで遺体が小倉美咲のものであることがほぼ確定)

2022年5月11日に新たに人骨のようなものが2つ発見されました。

生前、失踪前に身につけてた洋服が上半身、靴、靴下と模様や色が完全に一致(靴と靴下に関しては母親である小倉とも子が娘のものだと証言しています)したので遺体はDNA鑑定の結果を待たず、小倉美咲のもので確定していました


FR6MRnzUcAAPaI1


■以下、ネットTwitter民の反応■




家族にとっては到底受け入れることは出来ない、、ほんとに残酷な結果で何と言ったらいいか分からない。ただ、美咲ちゃんが家族の元にようやく帰ることが出来た。ひとりぼっちから解放されたことはせめてもの救いであってほしい。

ほんとにこの出来事は姪っ子と同い年だったので胸が痛くて眠れなくなったことを覚えている。
怖かったよね、、やっとやっと、だね、、
暗い中さまよったのを想像すると本当に涙がでます。
関係者のみなさま、本当におつかれさまです。

お母さんの元にようやく帰れますね。
1人で寂しかったよね。
同じ年頃の子が居るので、胸が痛くて仕方がない。美咲ちゃんが教えてくれた事は、やはり自然をなめてはいけないと言うこと。

美咲さんは、山で仏になったのではありません。山の神様になったのだと思っています。この山にとって、必要な存在だったのです。

美咲さんは、ご家族が、美咲さんの分まで頑張ろうと前を向いて生きていこうと、笑顔で会いに来た時に、きっとお母さんの所に近づき、寄り添ってきてくれると思います。

こんなに辛い事は他に無いと思えるくらい辛い事ですよね。
でも、どんな姿であれやっと探し出してあげれた。一部でも家に帰してあげれた。
みさきちゃんもありがとうお母さんって言ってくれてるよねきっと。
子を持つ親なら、この結果がどれほど辛く、どれほど救われる結果となったか。
それでも痛ましすぎて涙が止まりませんね。

とても受け入れ難い現実ですが、心配されてた全ての方がこの事実に耳を傾け、お母様、ご家族の心に寄り添っていると思われます。

できうる限りの捜索と事実確認が行われた後に、早くご家族の元へ帰れることを切に願います。

言葉で言い表すことが難しいなと思う。
どんな言葉が合っているのかわからないけど、矛盾なしと出た答えでも家族の元に帰ってくることを信じて警察の方々が必死に捜して見つかることを願う。

捜索の様子を見ると、場所が場所だけにとても大変そうですね。3年前に見つけられなかったことは無念だとは思いますが、捜索終了のタイミングはとても難しいですね。

悲しい報告ではありますが、美咲さんのお骨であるなら、一日も早くお母さんやご家族の元に戻ることを切に願っています。
2年も経って広大な山の中から発見出来たのは奇跡だし、きっと美咲さんの魂が大好きなママを諦めずに頑張ったんだよ。

本人の特定とは至らなくても美咲さんの母親と繋がる鑑定結果が
出た事は捜査としては前進したって事なんだよね。
行方不明当時あれほど総動員で捜索したのに何も出てこなかったのにここに来て
いろいろ出て来るとは。

お母様の心情を思うと、胸が痛みます。
然しながらいつ迄も、何の手がかりすら無いよりは少しでも真実に近付けたのではないでしょうか?
まだ、娘さんとハッキリ判明した訳ではないので、静かに状況を見守りたいと思います。

大きく移動されたものではなく、ずっとこの辺りにあったとするなら、もしかしたら結構早い段階で返事が出来ない状況になってたのかなぁ。
沢山の大人が早い段階で山の中を広範囲に探して見つけられなかったから。

残念な結果が出ましたが、一歩前進ですね。ご家族にはお気の毒ですが…

>ただし小倉美咲さんと特定されたわけではないとしています。

検査結果の事実としては、そういうことなんでしょうけど小倉美咲さんじゃなかったら別の怖い話になるからこの表現はちょっとやめてほしいな…

想像できない負担ではあるけど
鑑定結果を受け入れられず無縁仏になる話も聞くから、家に帰れることを祈ります。
ご家族をわりと密着してきたけど供養しましたまで追いかけるんだろうか。

どの程度の確率なのかが分からないのでなんとも言えないが、家族は辛いなあ。
受け入れられない気持ちもあるだろが、解決せずに時間が経つのはそれはそれで辛い。

この死がどういう形かわかることは難しいと思うけど、親の立場で考えたらなんでもっと探さなかったんだろうとかなりそう

しっかり探して探したけど、結局出てきたわけだし…

もし、餓死とかなら本当につらすぎる

自分はそういうふうに考えてしまう正確だから立ち直れないかもな

今の科学でもなかなか難しいんだな。断定するのは。
状況証拠だけが積み上がっていくのを見ているのは、さぞお辛いでしょう。
人の親になってみて分かる。自分の身を切られるより辛い。

母として「我が娘であってほしい、いや別人であってほしい」、という心の葛藤はどれほどのものだったでしょう。
残念ではありますが、何とか心の整理をしてこれからの人生を歩いてください。
貴女の人生はまだこれからも続いていくのです。陰ながら応援させていただきます。

ミトコンドリア鑑定で矛盾はしないけど、本人とは特定できない。うーん…シロウトだから解らないけど、矛盾がないというのは赤の他人にどのくらいの確立で出るもんなんだろう。
なかなか難しいですね…。

どこに行ったか全くわからない人もたくさんいる中で、そこにいたことがわかったというのはある意味ではしあわせなことであると思う
家族もちゃんと納得して成仏させてあげてほしい
自分の娘の骨を「他人だ」なんて悲しいことは言わないでやってほしい…

ミトコンドリアは独自の遺伝子を持っているのでしたね。科学が発達したお陰で、昔なら到底知り得なかったことが分かる。しかしお母さんにとっては、この知らせはほとんど肉体的な痛みのように感じられるのでしょう。分子レベルで真実が分かるのはすごいことですが、「神隠しに遭った」と言われた方がまだしも楽なこともあるのかも。ただお気の毒です。

残念な形ではあるけど、やっとお家に帰られて良かったとも思う。ご冥福をお祈りします。
事故っぽく、変質者に嫌な目に合わされたわけでもなさそうなのもせめてもの救いなのかなと思った。(真相は闇の中なのかもしれないが)
残された御家族、特にお姉ちゃんが健やかに生活出来ることをお祈りいたします。

本人と特定されたわけではないが矛盾もない、本人なんだろうな。
当時、捜索で見落とした箇所があったと言うことなのか?捜索した人たちも「何故」が頭にあるのではないだろうか。
ご冥福をお祈りします。

母と“親族関係矛盾なし”と判明

その母親が産んだ子孫であることは間違いない。
子孫のうち、どの個人であるかはわからない。
状況的に、行方不明の女児しか該当しないと思うが断定できない。

というくらいの意味。

どう受け取っても悲しい結末。
お帰りなさい、とも言えるし
生きてて欲しかった、とも。
小さな体でよく耐えたね、とも言えるし
待ち続けたお母様をはじめお姉ちゃん、ご親族やお友達の心痛を思うとどんな声かけも望ましくないような気がする。三年、長かったでしょうね。

親族にとっては辛い現実だが同時に一つの区切りだとは思う。残された真相究明については更に難題になるだろうがしっかりたどり着いてほしいですね

やっと前に進めるのではないか。
娘が亡くなったことは悲しいだろうが、行方不明のまま探し続けるより決着がついた方が良かったのではないだろうかと思う。

個人特定はされなくても母方に他に行方不明者がいるわけでなければ、万が一いても同じエリアで骨が見つかる確率を考えたら…。希望を持っていたご家族には大変お気の毒だが、遺骨も早くご家族の元に帰って安らぎたいだろうと思うとね…

私も辛いです。
違う、どこかで生きていて、いつか元気に会えることをやっぱり望みたかった。
何も悪いことしてないのに、なんでこんな目に遭わなければならないのか。産まれてまだたったの7年しか経っていないのに。
見つけてもらえたけど…現実かもしれないけど、どうしてって。どうしてしか出てこない。
どうしてうちの子がって。
抱きしめてあげることもできない。
よくなんかない。現実を突きつけられた。

辛すぎます。

一瞬、親族関係がないってこと?と読んでしまって驚きましたが、そうなのですね、親族関係であるということなのですね…。

ご家族におかけする言葉が見つかりませんが、たったひとりで山の中にいた美咲さんが、ご家族の待つお家に帰れますようにと心から祈っております。

お母さんはどんな気持ちでいるか…
他人は「これで区切りがつくね」と思うかもしれないけど、
お母さんがずっと待ち続けた元気な美咲ちゃんは帰ってこない。
お母さんや家族を思うならマスコミはそっとしてあげてほしい。

我が子であって欲しくない思い、いつか必ず帰って来ると信ずる心…もがき苦しんでおられると思います。ワタシにも、娘が一人おりますから、ご心中を思うと…胸が締め付けられるようです。ほんの少しでも早く、心安らかな日が訪れる事を願わずにはおられません。

生きて帰ってくるのを信じているお母さんにとっては、複雑だと思うけど、早く真実が解明された方がいいのかな、とも思う。
それにしても、何でこんなに回りくどい表現をするんだろうというのが、このニュースを見た感想。すぐには内容が理解できなかった。

なんとか生還して欲しいと
いう家族の願いには厳しい現実が
突き付けられた格好となった。
行方不明時に大規模な捜索も
報われず、迷路のような地形に
翻弄されてしまった感じがする。

この事件の報道、正直言って知りたくない。そっとしておいてあげたいというのが本音です。
 だけど、人間の骨ということで身元だけは、はっきりしてほしいけど、家族の事を思うとそっとしておいてあげたいです。

まだ本人の遺骨と判明した訳ではないが、どのように行方不明になってどうやって亡くなったのかはっきり解明して貰いたい
この事件?事故?かは分かりませんが謎が多過ぎるというかなんか色々納得いかないものがある!

ご家族にとっては一縷の望みも絶えてしまったのか?
ずっと信じ頑張ってきたことへ
悲しみが溢れ出ます。
まだいろいろと調べるのでしょうが
死因の特定ができるといいですね。
お悔み申し上げます。

書き方の問題かもしれないけど、矛盾なしとかではなく、母の遺伝子と一致とか不一致。みたいな言い方をしてもらったほうがわかりやすい。
なんか、例えば家族関係が認められなかったと間違いなく認めざるを得なかった。みたいな、結局どっち?って複雑。

まあ母方親族の関係者で亡くなった方、行方不明者を調べたら分かるわけで…ほぼ特定されたようなものかもしれない。最大のミステリーである原因特定…事故なのか事件なのか分かるといいですね。

専門家によるとこの鑑定は深く調べられるようなものではないからーみたいな話をしていた。

きっとご家族からすればこの結果であっても違うと思いたいでしょうね。。

専門家によるとこの鑑定は深く調べられるようなものではないからーみたいな話をしていた。

きっとご家族からすればこの結果であっても違うと思いたいでしょうね。。

当時、あれだけ捜索して何も見つからなかったのに、
今頃になって見つかった理由は、なんでしょうか。
それが判明するまで、解決ではないと思います。

→母系親族関係があることに矛盾がないと明らかにしました。ただし、小倉美咲さんと特定されたわけではないとしています。
母系親族関係はあるけど、特定されたわけじゃないって言い方に矛盾を感じる…。

複雑なお気持ちと思います、一本前へ進んだと受け止めるべきなんでしょうね。いずれにしても、ご家族の皆さまがゆっくり眠れる日が早く来ますように。

まだ真相は分からないけど、このような結果が出たのは真相解明に向けて大きな一歩だと思います。私たちにできることは捜査を見守るのみ...。

みんなが気になる話題であるから記事にするのはいいんですけど、出てきたことを逐一記事にするのが本当にわかりにくいし、特に記事タイトルも凄く掴みづらい。

個人的な感想。

非常に曖昧な表現ですね。
矛盾が無い。
なら、美咲さんなのですか?
本当に可哀想ですが、科学的に立証してあげた方が供養されるのではないでしょうか。

これでもまだまだ特定までに段階があるんですね。ここまで来れば1日も早く早く特定してあげてほしい。
長い間本当にお疲れ様でした。。

やっぱりそうか。
見つかった骨が美咲さんじゃなかったとしても、子供の骨が見つかった時点で一人亡くなってる訳だから、どちらにしろ悲しい。
けど、見つかってお家に帰れるから安らかに眠ってほしいと願います。

たしかに皆さんが仰るように複雑です。
でも 誰にも気づかれないまま 腐葉土の下に埋もれているのは 小学1年生にとってすっごく、すっごく寂しかったと思う。 発見してもらえるのを、家に帰れるのをずっと待ってたんじゃないかな

たしかに皆さんが仰るように複雑です。
でも 誰にも気づかれないまま 腐葉土の下に埋もれているのは 小学1年生にとってすっごく、すっごく寂しかったと思う。 発見してもらえるのを、家に帰れるのをずっと待ってたんじゃないかな

生きて帰ってくると信じています、と強い信念を感じられた。立派なお母さん。私なら、諦めていただろう。なぜ何度も探した場所に。事故なのか、事件なのか。解明されて欲しい。

母親はこれをきっかけに、信じないという自分の気持ち優先ではなく、やっと見つけてもらえ、母親の元へ帰れる娘さんの気持ちを優先してほしい。
母親に否定されたらどれほどに悲しいか。

生きて再会すると信じていたご家族にとっては辛過ぎる結果。ずっと気になっていた。涙が出てきた。でも、やっとご家族の元に戻れるね。心よりご冥福をお祈りします。

モヤモヤしていた行方不明だったけど、一つの区切りになりそうな展開。
事件か事故かは分からないけど、事故だとして滑落だったのかな。捜索の時には声を出せない状況だったのかな。
子供と山に入るときの教訓として忘れてはいけない事になりそうです。

ミトコンドリアは細胞核外にあり母系のみから伝わる物です。
ミトコンドリアは卵子にあって精子にはありません。
母系という事は、母方のおばの娘、母方の祖母の娘系統の女系、祖母の母、つまり曾祖母の直系女子等々…行くへ不明の女児と同年代の別人でも同じミトコンドリア遺伝子を持つ者がいる訳で、多くの人が該当します。
母娘関係の否定は出来なくなりましたが、当人とは断定できません。
まあ、他の状況(靴とか服)の存在を考えれば、ほぼ確定でしょうが。

鑑定結果が出てもご家族には、様々な何故?と言う思いがお有りだと思います。
事故なのか事件なのか?そこをできる限り捜査してあげて欲しいです。

登山をしていた時
とにかく日没までに山小屋か登山出口に辿りつくようにしていた
山小屋に着いて30分後に日が暮れるとゾーッとした
登山シーズンの富士山以外は漆黒の闇になる ヘッドライトがあっても恐怖でしかない
キャンプであっても周りは山の中
親の目の届かない所には行かないよう 言い聞かせるしかない
リュックに子供を入れて連れ去った事件もあった

どこかで区切りをつけないと、ずっとモヤモヤと苦しいまま。区切りがついても苦しみが続くかもしれませんが、何も見つからない、何もわからないよりは、苦しみもすこしは軽減されて、ちょっとずつ前に進めるのではないかな。

ご家族、当事者の悲しみや苦しみは、たいへんなものだと思います。その苦しみは、第三者には理解出来ないと思います。私なら、言葉をかけることも出来ないです。

なぜその方向に進み続けた理由が、分からないってコメントが多いけど、現実味がないと言われるだろうけど、山の主、昔で言う天狗などと呼ばれる者に誘い込まれたのだと思います。
昔から神隠し、天狗などという言葉があるように、山には大昔から何かが居るのだと、私は思っています。
気軽に遊びに行く所じゃないよ。
山育ちですが、、、

みさきちゃん行方不明になってからどれくらいで亡くなったのかわからないけど本当に怖くて寂しかっただろうな…
お母さんもずっと辛かっただろうな…
きっとこれからもずっと辛いだろうな…
胸が痛いです。

母親の気持ちを考えると複雑ですが、親族関係矛盾なしの結果を少しずつでも飲み込んでいくしかない。前を向いてみさきちゃんの分も人生を全うしてください。

矛盾はないけど、特定ではない。ってキツイな。

そうであると考えて不思議ではない。そう受け取ってもらって結構だ。と言いながら、とはいえ確定ではない。あくまでも受け取り方の一つだ。ということでしょ。

山には様々な野生動物が居る事、様々な危険が潜んで居る事をふまえ、ソロキャンプや車中泊が流行り始めた昨今ですが、食べ残しのゴミ処理、火の始末について、正しい知識を持ち、何より安全の確保を第一にして頂きたい。

自然が悪いわけでは有りません、そこに踏み入れる人間は、知識と装備をしっかり準備して頂きたいものです。

確率的に言って、ミサキちゃんとみて間違いない訳か…
最後の希望と言うか一縷の望みとは言うか、そういうのが断たれた訳だね。
なんとも言えない辛すぎる状況で言葉が見つからない。

加速度的に解決に向かった流れに違和感を感じずにはいられない事件でした。
捜査関係者、親族の方々お疲れさまでした。

継続して探し続けてくれたボランティアさんがいなければ、
ずっと見つけてもらえなかったことでしょう。
見つかったことは良かったと、いつか思えるといいです。

辛いですね、、
あの時、、、と悔やんでも悔やみきれない。
まだ本人だとは確定していませんが、冷たい土の中ではなく家に帰れるのはよかったかなと思います。

両親を思ってなのでしょうが、「親族関係矛盾無し」という表現はなんと捉えたら良いのか、今まで聴いた事がない文言。
これは要するに、と想像してしまいます。